FC2ブログ

**Sunnydays Happytimes**

リンクする際はご一報ください。

アットホームなイタリアン

仕事のあと、鵠沼海岸で地元友達と飲み。
年始からずーっと気になっていた、
「オステリアバルカ」というイタリアンレストラン。
いつの間にか出来ていて、なかなか入ることができなかった。
今日、やっとその念願が叶った。

ワタリガニのパスタをいただいたのだけど、
とても美味しかったーーー!
パスタはリングイネを使用していて、たまらん。
あとは葉野菜のサラダとか、
旬野菜のバーニャカウダが最高でした。
とっても瑞々しいお野菜で、特にカブが最高。
話とかに夢中で、ご飯の写真を撮り忘れましたが、
思い出したかのようにバーニャカウダの写真。
070526_2159~0001.jpg

中途半端ですみませんw
食べかけです。

そこは若いご夫婦でやられていて、
奥様がとても感じの良い方。
すごく愛想が良いというか、気楽に話しかけてくれるのです。
「お近くなんですか?」なんて言っていただいて、
本当にすてきなお店です。
駅からこんな近くで、しかもアットホームで、
素敵なお店を見つけちゃいました。
「最近はお一人で来られてカウンターで
一杯だけ飲んで帰られる女性もいらっしゃるんですよ」なんて、
良いね、素敵だと思います。
私もこれから利用させてもらおーっと。

あと「クゲヌマ・アクア・ドゥーエ」もずっと気になってる。
あそここそ、なかなか行きづらいなーと思っていたら、
友達はGWに行ったらしく「入ったら結構落ち着く」と。
ならばそこも行かねばね。
あとは「ラーラビアンケ」ね。

そして帰りに歩いてて見つけたドッグカフェ。
あそこも気になる…。
地元に気になるお店が増えつつあります。
やっぱり最近「鵠沼海岸」が熱い気がするw

スポンサーサイト



PageTop

打って変わって

昨日の雨とは打って変わって夏日の土曜日!
土曜日だというのに、私は出勤日。
いい加減、この「月末の土曜日は出勤」というの、
なんとかやめていただきたいと、毎回のように思います。

会社周辺はオフィス街でもあり、住宅街でもあるんだけど、
どちらにしてもこんな土曜日は思いっきり休日モード。
サラリーマンはほっとんどいません。
閉まっているお店も多く、ランチする場所も限られる。

ご飯を食べたあと、フラ~っと歩いていたら
アジサイを発見!もう咲いているのね。
070526_1224~0001.jpg

こんな最高のお天気にあじさいって
結構似合わないですね。
やっぱりしとしと雨か、曇り空が似合うかも。
でもとてもきれいな色でした。

さらにフラフラしていたら、
この古ーい街になんとも似つかわしくない近未来なビル。
070526_1227~0001.jpg

携帯カメラでは限界なので、いつか必ず一眼レフで撮ってやる。
やっぱり狙いめは土曜日。
となると、やっぱり土曜出勤って、たまには良いのかも。
土曜日に楽しみを見つけておくと出勤も苦ではないかも。

帰り、東京駅へ歩く途中、ビルとビルの谷間にみえる
夕日の光がとてもきれいだったんだけど、
これもまた携帯カメラでは限界が…。
070526_1818~0001.jpg


この界隈、写真を撮りたくなるものが多すぎます。

PageTop

久々の雨

ここ数日、お天気が続いていたけど、
金曜日は珍しく一日雨。
お気に入りのだったagnes b.の傘を盗まれてしまってから、
ビニ傘を使っていたけれど、
この前淡い黄色い傘をゲットしておいて良かった。
もうあまり良い傘を持つのはやめようと思って、
たまたまのぞいたユニクロで、
「あれ?これ良いかも!」って手にした黄色い傘。
黄色は残り一本だけだったので、さらに買う気に。
びっくりしたのは値段。
590円って…。
当然1000円以上だと思っていたのに
ユニクロを甘く見ていました。
恐れ入ったよ、ユニクロさん。

そんな雨の日の帰り、いつも通る京橋の歩道橋。
070525_2031~0001.jpg

なんだかこの光景に引き寄せられて、
しばらく歩道橋でぼーっとしてしまった。
雨が降ってるというのに。
仕事で疲れているときこそ、こういう時間を欲してしまう。

PageTop

検査と診察

10時半からレントゲンとCTの検査。
レントゲン室に向かう時、
見覚えのある人がレントゲン室に入っていった。
レントゲン室の前で待ってたら、
真正面からその人とバッタリ。
向こうもアレ!?って顔。
間違いない、TSUTAYA時代の友人。
お互いに「なんでいるの!?」ってw
「ここで働いてるんだよ!」っていうから
「見れば分かるよ!」って返した。
4月からこの病院で働いているらしい。
すごい偶然に驚きを隠しきれない二人w
向こうは仕事中だから、全然ゆっくり話せなかったけど、
会えたことが本当に嬉しかった。
やはり以前書いたように、
縁がある人とは、こうやって会えるんだな、
どこかでつながっているんだな、って実感。

レントゲンの検査は残念ながら別の人だった。
(内心はちょっとホッとしてる。恥ずかしいじゃない?)
そしてそのあとCTの検査。
単純検査と造影検査。
造影剤を点滴で流し込むんだけど、
その点滴をさす時、失敗された…。
左手の甲…。めっっちゃいたい。
仕方がなく右手の手首…。
どちらにしても肉がないところなので、痛い!

終わって超音波室へ。
超音波の検査、すっっごい長い間やられた…。
かなり慎重に診ているんだなって感じた。

で、その後に担当医師の診察を希望したので、
外来の待合室へ。
おそらく次は私の番だというのに、
いっこうに呼ばれない…。
うーん、ドキドキするなぁ…。

やっと呼ばれて診察室に入ったら、
レントゲンやらCTやらのフィルムが広げられていた。
そう、私が呼ばれるまでの間、先生はじっくりみていた様子。
しかも今日調べたものまでが既に出来上がっていた。
普通、その日の検査のものはその日には見ないはずなのに、
特別に見てくれているみたい。
先週の土曜日、別の医師に診察をしてもらったんだけど、
その先生が、私の主治医に即連絡をしたみたいで…。
「今までずっと腫瘍マーカーは正常できているのにね…」と。
で、それらのフィルムを見て、どうだったかというと
「特にこれというものが見当たらないんですよね…。」と。
周りのリンパなども大丈夫だし、
転移が心配される肝臓も大丈夫とのこと。

ただ、子宮の見え方が、前回撮ったものと
違っているのが気になるところではある、と。
ただの筋腫だとは思うけど、見え方が違ってるのがね…と。
先生も婦人科系は専門外だから、
とりあえず子宮に関しては婦人科を受診するように、とのこと。
それ以外に関しては、来月に
大腸内視鏡検査と、念のため胸(肺)のCTをやることに。
それでも何も見つからなければ、他病院でPETを受けることに。
おぉ…噂のPETか…。

とりあえずは、今日の検査では問題ないってだけど、
あとは婦人科系と、次回の検査で何かあれば…。

なんだよね…次から次へと心配事が尽きないなぁ~。
本屋で「鈍感力」買っちゃったじゃないか。

PageTop

いつも閉まってる訳…

気になるアイスクリーム屋さんがある。
Hilo Homemade Ice Cream
通る度、いっつも閉まっているのです。
よく調べてみたら金曜と土曜のみ営業と…。
しかも営業時間13時~17時半って!w
でもいつか絶対食べたい、買いたい!と思っています。

お店のサイトを見てみたら、
私の大好きなtide tableに卸しているではないか!
あと年始に行って美味しかったKai a Noaにも…。
そうか、プロ御用達アイスクリームって訳か。

ならば絶対に食べたいところ。
いつか必ず!

PageTop

ありがとう

ここを読んで、mixi日記を読んで、
本当に多くの方からメールやコメントを頂きました。

始め、ここやmixiに書く事をためらいました。
でも、こうやって皆さんからいただいた言葉が、
今の私にはすごく励みになっています。
すごく穏やかな気持ちで居られています。

結果を聞いた時は、どうしようもなく堕ちたけれど
今は皆さんの言葉で「頑張ろう!」「負けられない!」
って気持ちが強くなって、ホント、負ける気がしねぇ!w

まぁ、まだ再発って決まった訳じゃないので、
とりあえず、明日検査を受けて、その結果次第。

友達に頂いた「一日一笑」を胸に、
毎日を過ごして行きたいと思います。
思えば入院中や退院直後は
笑いのある事、笑いのある場所を求め、
常にその生活を送れるように自ら心がけていました。
しかし“喉元過ぎれば~”で、最近すっかりそんなこと忘れてた。
心から笑おうとしていなかった気がします。
私の周りの友達は、本当に私を楽しませようと、
すごく頑張ってくれていた事を思い出しました。
すごく嬉しかったし、そんな人たちの為に「頑張ろう!」って
かなり前向きになれていたのに、ここ最近また後ろ向きでした。
看護師さんから聞いた「ナチュラルキラー細胞」を信じて!
これからは再度「前向き」で!無理しない程度にw

本当に皆様、どうもありがとう。

PageTop

久々、ヒキコモラー

ヒキコモラーって書いたときに
「ヒキコモラってホコモモラに似てる」
って書いたけど、また思ってしまった。
ホコモモラ、やっぱり似ているw

父と母はサッカーを観に小机へ出かけました。
朝日新聞の懸賞で、いつも当たるので、
これでただで見に行くのは何度目なんだろ。
「お前もいかないか」って父に言われて、
行きたい気持ちと、なんとなく出かけたくない気持ちと
両方が混じり合っていて、結局今日は家に居る事にしました。

出かける直前まで「天気良いし、行こうよ!」と気遣ってくる父親。
「そんな気分にはなれないよね…」と私の気持ちを理解してる母親。
「こんな時に独り置いて行っちゃってごめんね」と両親。
どちらの気持ちもすごく温かく、申し訳ない気持ちになる。

周りの人たちから
「そんな細胞やっつけちゃえ!」とか
「焦らずゆっくり治していこう」とか
「何か出来る事あれば言って」とか
「もっといろいろやることあるでしょうと神様に憤りを感じてしまうよ」とか
「血液検査だけだったらまだわからない」とか
コメントやメールを貰うと凹んでられない。
諦められない。
という気持ちになる。
独りだけだったら押しつぶされちゃうところです。

ありがとう。
たまに苦しくて「どうしてよ!」って気持ちになるけど、
諦めません。頑張ります。

今日もちょっと人ごみにはいけない感じで、
明日からまた満員電車に乗ったりするので、
今日は一日ゆっくり過ごそうと思う。

PageTop

自然がいっぱい -Fujisawa-

兄嫁と姪っ子が家に帰るので、
父、母、私で車で送って帰る事に。

送ってる途中、住宅街の陰から
突然何かが飛び出して来た。
うわっ!ネコ!?
いや、あの走り方はネコじゃない。

そいつ、こちらに背を向けて、
ぴょこぴょこと前方を走っている。
あの体つき、走り方、
もしや「タヌキ」??「アライグマ」!?
でもそいつ、どうしていいかわからない様子で
振り返って来て、こちらに向かって来た。
そのとき顔を見て、正体が判明。

ハクビシン。

ハクビシンですよ、ハクビシン。
hakubishin.jpg


向こうも突然車道に出てしまってビックリした様子。
で、慌てて走ったは良いけど、
「あ、やべ、こっちじゃねーや」
と引き返して来て、また住宅街へ。
すんごい可愛かったけど、いたずらするヤツだから
きっと困っている人もいるだろうな、と。

しかし、こんな動物がいるなんて、
藤沢ってなんて長閑な場所なんでしょうね。
8年くらい前、我が家の庭に木の上に
「アライグマ」が2日間くらい生息しておりました。
じーっとして動かないんだよねぇ。
可愛かったなぁ。
けどいつのまにか居なくなっておりました。
でもまぁいたずらする動物だろうけど、
野生動物が生息するってことは緑が多いのかな。
緑はなくさないで欲しい物です。

PageTop

独りじゃないのに

すごく孤独感があるのは何故だろう。
家には家族だっているのに、
今日なんて兄嫁と姪っ子が来ていたのに、
どうしてこんなにも孤独を感じているのだろう…。

検査結果を聞いたあと凹んで、
横浜に出向くのはしんどいからって
今日彼の仕事の後に会う約束をしていたのに
断ってしまったから?
断ったのは自分なのにね。
仕事なのに、メールしたら電話くれたじゃない。
仕事の後だって電話くれたじゃない。

ただ会いに来てほしかったのかな…?
仕事の後に来てとは言えなかった。

わからない。
何故か今日は孤独を感じてしまう。
今日はいっぱい泣いたから体力消耗。
横になったら眠れるかもしれない。
とりあえずベッドにもぐります。

PageTop

満1歳になりました

我が姪っ子、本日で満1歳です。

うちに遊びに来るので、
本人はまだ食べられないけど、ケーキを買いに。
ケーキはもちろんラシェットブランシュ。
070519_1447~0001-0001.jpg

やばい…
どれもこれも美味しそうで選べない。。。
この時間は「鵠沼ロール」も売っていたけれど、
それじゃーお誕生日っぽくないってことでやめました…。
うぅ、鵠沼ろぉぉぉぉるぅぅぅぅぅ。

イチゴ系が非常に多くて、
姪っ子はイチゴなら食べられるってことで、
イチゴのタルトを選んだ。
あとはガトーショコラだとか、
マンゴーのタルトだとか、
サンマルクだとか、洋梨のムースだとか。
私はミルフィーユ。
070519_1643~0001.jpg

さっくさくでたまらんでした。
ミルフィーユって大好きなんだけど、
食べにくいから外では絶対に選べない代物。
けど家なので堂々と食べましたよw
ここ数年、洋菓子より和菓子が好きなんだけど、
やっぱりここのケーキは好きだなぁ。

PageTop

調子に乗り過ぎてました

4月に受けた血液検査の結果を、
遊びや趣味や仕事などの理由で聞きに行ってなかった。
病気が発覚したのは2年前で、
2年前の3月に手術をしてから、
予防のための抗がん剤を1年程受けて、
でも経過はとっても良好で、
血液検査はもちろん、CTや超音波、内視鏡検査も
まったく問題なし、って状態でここまで来た。
なので、自分としても血液検査の結果なんて、
また貧血だっていわれるくらいだなーなんて
軽く考えていた。本当に、軽く。

1月にCTと超音波の検査をおこなったとき、
子宮筋腫があるといわれて、逆にそっちを心配していて、
いつ婦人科に行こうかなぁなどと考えていた。

今日は父も私と同じ病院の違う科に行くというので、
一緒に車に乗って行ったんだけど、
再来機にカードを入れてみたら、
私の担当医とは異なる名前が…。
あれ?今日って第3土曜日だよね?と思って
受付の電光掲示板を見たら「代診」の文字。
あちゃー。やっちゃった。
でも血液検査の結果だけだし、せっかく来たからと、
受診することにした。

順番が来て診察室に呼ばれて、
「検査結果を聞きに来たのですが」と伝えると、
その血液検査の数値表を眺め始めた。
「うーん…腫瘍マーカーが高いんだよねぇ…」と。
まさかぁ、とか思ったんだけど、実際にみたら、
標準値より高い…。
でもそれがどの程度のものなのかっていまいちわからない。
「この数値は目安なだけで、どこに何があるのかって
ことまではこちらも何とも言えないんです」と。
一応7月に定期的な大きな検査をやる予定なのですと伝えると、
「いや、早急に検査が必要でしょう。
今日もう一度血液検査を受けてもらって、
CTと超音波とレントゲンの検査予約をして帰ってください」と。
「今まで数値も正常ですし、たまたま何かで上がってしまったって
こともあり得るので、とりあえずは次の検査次第ですから」
ってことだけど、やはり私の担当医ではないので、
私の今までの詳しい状況、経過なども把握できていないので、
いまいちパッとしない…。質問もしにくかった。

私はその時点ではポカーンとしてしまって、
ただ先生の言う事をハイって聞くしかできなかった。
再び診察室の外の椅子に座っているときも
何が何だか、どうなってしまったんだろうって感じで。

そしたら今日の担当看護師さんが、私のところへ来て
「お時間取りにくいと思うので、
一日で検査が出来る日にちを探してみたんだけど
22日と23日しかないの。急だけど大丈夫かしら?」と言うので、
ハイ、そういうことなら大丈夫です。と返事をして、
「じゃぁ、予約を取って、血液検査をしにいきましょう」と、
普段なら一人で中央処置室に行くのに、
今日はその看護師さんが連れて行ってくれて…。
なんだかその様子で、結構緊急を要するんだって実感してきた。

処置室で座って待っていると、
ちょうど父親が、前の診察室から出て来た。
父親の顔を見たら、いままで耐えていた涙腺が
急にゆるんで、涙が止まらなくなってしまった。
それを見た看護師さんがティッシュを持って、
「いいのよ、出したい時は我慢しないで」と声をかけてくれた。

そのあとすぐに採血に入ったんだけど、
採血をしていたら、私が以前抗がん剤を受けていたときに
すごく良くしてくれた看護師さんが、
父親と話していて、私のところへ飛んで来た。
その看護師さんを見て、さらに涙。
安心する相手を見るとどうしてもゆるんでしまう。
「今聞いたわよ。今日○先生、ちょうど学会でお休みだったのよね」
って頭をポンポンってしてくれた。

ここ数ヶ月、ストレスを受けていた事は自分でもわかる。
仕事を変え、新しい環境に行き、
今までの仕事より、仕事内容も時間もハードになり、
彼との過去のことを思い出しては
意味もなくショックを繰り返しては
寝られない日々を送っていたり、
調子に乗って、夜遅くまで遊んだり、
疲れているのに、平気で遊び回っていたり、
夜更かしをしたり…。
身体も精神も、相当ダメージを受けていたと思う。
例え、今度の検査で問題なかったとしても、
今後の生活を考えて行かなければならない。

今の仕事もやめないにしても、
平日に休みを入れさせてもらうとか。
そう考えると、社員を断り、アルバイトにさせてもらって、
本当に良かったのかもしれないと思った。
せっかく最近とてもやる気になっていたところだったのに。
かといって頑張り過ぎていた訳ではなく、
病気以前よりもずっと肩の力は抜いていたのに。

癌細胞ってやつは、本当に厄介だと再認識。
誰でも持っているものなのかもしれないけど、
私の場合はそういうのが出やすい体質だって、
肝に銘じておかなければならない。
また抗がん剤をやらなければならなくなったら、
本当に憂鬱だな…。
あの気持ち悪さは、今思い出しても苦痛で仕方がない…。

PageTop

無念…

会社の人から、太鼓と笛のライブに誘われた。
ジャンベとかやってる人のライブみたい。
誘われた時、真っ先に「いぐっ!」とこたえ、
めっちゃくちゃ楽しみにしていた。

のに…雲行きが怪しくなったのはお昼頃。
12時にお昼ご飯を食べられないくらい忙しい。
うわーーーん!
定時頃、一瞬落ち着いたので「行ける!」って
思ったのも束の間、
その後にも仕事が…。
ぐわーーん。
とりあえず19時に会社を出れば間に合うんだけど、
現在18時50分…。
次に時計を見た時には19時半過ぎていた…。
あぁ…アウト。
一応メールを入れておいたら
「無理するな!また絶対機会あるから!」
と返事がきて、ちょっとだけホッとした。
が、やっぱり残念な気持ちでいっぱいだ。
アフリカやキューバで太鼓修行をしてきた人とかも
ゲストに来たりして、絶対に観にいきたかったのにぃ!
またやることを願って…。

で、結局22時半まで残業…。
もともと行けず仕舞いだったってことね。
でも微妙に行けるか行けないかの時間で
上がるより、あきらめはつくけどね。


あぁ涙。

PageTop

引き寄せられた

17日、20時まで残業をして新宿で行った。
そこで初めて気付いたんだけど、
うちの会社から新宿まで30分で行けた。
普段、東京駅から会社まで15分歩いて通勤しているんだけど、
しばらく東京駅から新宿へ行くことばかり考えていた。
そしたら「別に東京駅から行く必要もないな…」と思い付いたわけです。
会社近くには3つの地下鉄の駅があったことを
すっかり忘れていましたw

今日も先日と同じ友人のライブなんだけど、
前日にCDを発売したので、
それも欲しかったし、行くことにした。

中に入ると、ちょうど転換中で
トリから2番目のバンドが準備をしていた。
どのバンドかしら…なんて思っていたら、
tricoで、かなり嬉しかったw
運が良いわ。

私の目の前にはオリエンタルな美女が…。
あれ…?この美女…もしかして…。
でも後ろ姿だから確信が持てん。

tricoが終わったところで、
その前の女性が動き始めたので
すかさず顔を確認。
…やっぱり!
さくら姫だった。
3年前くらいケロッグと一緒にカラオケに行ったさくら姫。
初対面で一緒にカラオケに行った仲w
そこで彼女の歌声に惚れた私。
彼女はソロでBOSSAチックな歌を歌っていた人。
178とかと彼女のライブに行ったり、
ケロッグつながりで相当絡んでいた女性。

かなり会っていないから、顔を見てもわかるかなぁ…
と思いつつ、彼女の顔を覗き込んでみた。
そしたら、少々把握するのに間があったけど、
「ぬ○ぷさん!?」と、ちゃんと分かってくれた。

まさかこんなところで会うとはビックリ!
いつか「遊ぼう」とか言いながら、
日にちまで決めて会う予定だったのに、
なんだかタイミングが悪くおじゃんになっちゃったのです。
なので、この再会は不意打ちすぎる!
彼女はまっさきに「体はもう良いの?」と聞いてくれた。
「お酒とか飲めるの?」「飲めるなら飲みにいこうよ!」
などと言ってくれて、本当に嬉しかった。
彼女がなぜここにいるかと言うと、
今回のライブの企画者である方とお知り合いだそうで。
企画者とは、友人のバンドが所属するレーベルの社長さん。
なるほど、つながった。

トリは友人のバンド。
ある曲以降、すごーく切なくなってしまって、
聴いていて涙が流れてしまうくらい、苦しくなった。
感情移入してしまいました…。
相当リアルに伝わってきちゃいましたよ。
そして自分にもちょっと置き換えてしまったり。

でも今日はCD買えたし、
tricoも観れたし、
姫にも会えたし、
ライブも切なかったけど、
それがまた良かったし、
帰りも楽しく帰って来れたし、
疲れていたけど頑張って行った甲斐があった!
おまけに「聴いてみて」とデモももらっちゃって、嬉しい限り。

PageTop

Photographer

イギリスに住む伯母の旦那様は、
伯母とは再婚なのだけど、
前妻との間には息子と娘がいます。
その息子は写真家。
ずっと日の目を見ない、などと言われていましたが、
どうやら今、彼は売れに売れているらしい。
去年、伯父からその息子のサイトを聞いて、
彼の写真の数々を観て、すっかり虜。
私の好きな写真を撮る人。
そんな彼が売れっ子になったのは、やはり嬉しい。

犬の写真も子供の写真も、症の人の写真も、
ちゃんと同じ目線というか、
対話をしている感じで表情がある。
なにげにこっそりうちの伯母と伯父も写っているw

私がイギリスに行ったとき、
彼に会うことはできなかったけれど、
いつか会ってみたい。

http://www.adambrownphotography.co.uk/main.htm

PageTop

ようこそ善玉菌

ヨーグルトを毎日欠かさずに食べている。
前の会社へ行ってるときは、
まだ時間に余裕があったので、
リンゴだとかバナナだとか、
柿の季節には柿を、
イチゴの季節にはイチゴを切って、
ヨーグルトをかけて食べていた。

が、今の会社になって、朝も時間がなく、
ダノンの「BIO」を食べている。
070515_2358~0001.jpg

しかし、最近たまにそれすら食べる時間がないときがある。
そんな時は夜、帰ってきてから食べるのですが、
今日も朝食べれなかったので、夜食べた。

冷蔵庫をあけるといつもと違うヨーグルト発見。
その名も「あまおう」
070515_2358~0002.jpg

あまおうと言うからには、さぞイチゴたっぷりかと思えば、
果肉どころか“果汁2%”の文字…。
でもいいの。
とろーりクリーミーで美味しかったから。
ヨーグルトというよりババロアチックでした。

PageTop

ロマンティックにディスコティック

CDを見ていたらROCKETMANの新譜を発見。
やばい…欲しい…。
でもなぁ…ふかわりょう好きだけど…
ROCKETMANは好きだけど…
うーん…
って、悩んで、一応CDを手に持ってみた。
そしたら、なんと!
中塚武さんと、i-depナカムラさんがコメント付けてるじゃないか。
んじゃ、買いましょ。

で、帰って来て聴いてます。
良い。
超ポップでハッピーでキラキラなハウス。
また別の意味で気持ちが良い音だねぇ。
自然と体を揺らしたくなる、これぞダンスミュージック。

ナカムラさんのコメント、
「ロケットマン。音楽を好きな人が
ジュンスイに音楽を表現してるという事を
僕は知っています。」
って、すごく納得。

あぁ…増々ケロッグ兄弟 VS ロケットマン
行けなかった事が悔やまれる…(涙

PageTop

デトックス!

マッサージか整体か、オイルマッサージとか、
とにかくリラクゼーション体験に行こう!
ってことで、友人Mと会う事にした。

お茶しながらどこに行くか考えよう!
なんて言っていたんだけど、
リラクゼーションよりも話に夢中になっちゃって。
もともと友人は話し好きなので、
駅からカフェに入るまでの間にも、
すごい勢いで話していてw
入ってからもずーっと話していて、
私も負けじと話していて。
その話が、音楽とか映画とか演劇とか、
そんな話ばっかりで。
でもそれがすっごい楽しくて。

気づいたら夕方!
ってことで、とりあえず目星を付けたところに出向いてみた。
予約はいっぱいか聞いたら、夜なら空いてるってことで、
20時から二人で予約をした。
20時までかなり時間があるので、
タワーレコードに行く事に。
タワーレコードに何時間居るんだよ!!ってくらいに
二人であっちこっちウロウロ。
二人とも音楽や映画や演劇好きだから、
CD見ながらああだこうだ、DVD見ながらああだこうだ。
「今日はいろんな知識がついた気がするよー」とM。
私もMのおかげでBOØWYが「暴威」と漢字だったことを初めて知ったw
そんなことをしていたら、お腹が空いて来たので、ご飯を食べに。
ご飯を食べながらも、また話に夢中になっていた。
そしたらまだまだと思っていたマッサージの予約時間が!
慌ててお店に向かって、手続きをして、開始!

私は腰と肩を重点的にやってもらうコース。
今まで肩こりが酷い肩こりが酷いって言い続けてきたけど、
肩こりももちろん酷いんだけど、
それよりも腰が酷いってことが判明。
腰、確かにしょっちゅう痛くなってるかも…。
ふくらはぎとかからも来るから、
全身をやった方が良いですねってことをいわれた。
でもそこは良心的で、次回の予約とか無理強いしなかった。
いやぁ、でもとっても気持ちが良かった!
終わったあと、腰の痛みが取れていましたよ!
すごい!こりゃはまっちゃいそうです。

また来月あたりに友達と整体に行こうと話してました。
あと友達の友達がネイリストとかで、
ネイルサロンにも連れて行ってくるとか。
こりゃ楽しみだ。

PageTop

気持ちが良い音

最近Kくんはテクノ作りにハマっている様です。
完全に趣味の様ですが。
ちょいとレイハラカミの話題が出たのだけど、
あの人の音は素敵だねぇーって話していたんだけど、
ハラカミさんは機材については無頓着なところがあるとかで、
でも私は機材云々とか全然わからないからなぁ。
とにかく聴いて気持ちが良いなら機材とか
どうでも良いんじゃないか?って話で落ち着きました。
ハラカミさんの曲で「joy」という10分の曲があるんだけど、
その曲とかライブでやってたってことを言ったら
ビックリしていた。
そのjoyの時の映像が、何だか今でも思い出されて、
聴いていてトリップしてしまう感覚なんだよねぇ。

ハラカミさんは、あんなにオタクな感じで
電子音を出しまくっているのに、
タオルで汗を拭きながらのプレイに
とても人間臭さを感じ、
そしてステキ音楽なのに、キャラは面白キャラで、
ギャップの大きさとか凄く好きです。

PageTop

懐かしい時間

地元友達と飲む約束をしていた。
でも友達の彼が骨折してしまったとかで、
急きょ取り止めにした。
そんな時、高校時代の友人Wからメールがあり、
ご飯に誘ってみた。
彼女は新婚さんだし、急な誘いは無理だと思ったんだけど、
仕事が終わり次第なら大丈夫ってことで、約束をした。
そんな当日の朝、Kくんから横浜でライブがあるとメール。
うぉぉ、最近行ってなかったし、
しかもWとは横浜で約束しているし、
これは何かの縁でしょうか?(そうか?)
Wにそのことを伝えると、間に合えば行こう!と。
場所は馬車道だし、彼女の職場とは隣駅だし。

とりあえず、定時目標で仕事。
でも終わらない…。
Wも終わらない…。
私は19時半に終わったので、急いで横浜方面へ。
20時半からライブと聞いたのに、
横浜駅で既に20時20分…。
友人もまだこれから会社を出ようというところ。
Kくんからは「押してるから21時くらい」と
連絡をもらったので、とりあえずホッと一安心。

070511_2042~0001.jpg


友人Wとは、20時50分くらいに馬車道で会い、
ライブハウスへ向かったのだけど、
初めて行くライブハウスなので道がわからん!
Ezナビウォークを頼りにいくんだけど、
全然たどり着かない!
で、やっとの思いで着いたのが21時10分。

受付でKくんのバンド名を伝えると
「あ、もう始まってますが…」
と言われ、がちょーん。
「もう始まってだいぶ経ちますか?」
と聞いたら、どうやら55分からだったみたい。
「どうします?入りますか?」と受付に言われたので、
「もちろんです!」と言って入った。
何やらゲストで入れてくれちゃった…。
遅れてきて、しかもタダなんて申し訳ない…。

本当に久々なので、入った途端に知らない曲。
そしてそのあと2曲聴いて、ラストも知らない曲。
途中からだったので、全然落ち着いて聴けなかったけど、
久々にドキドキしました。

終わってからドリンク飲みつつWと話していたら
ベースのTくんがアンケートを配りに来た。
配ってる最中に私と分かって、
「あ!あれ!?お疲れ様です!」と。
そのあと、「ハ●ワラさん、これあげるー」って
Tくんがフライヤーも配りにきたんだけど、
そのフライヤーがコースターになってて可愛いの。
もったいなくて使えないなーって言ったら
「じゃー使う用と飾り用」と言って2枚くれたw

とりあえずアンケートを書いていたら
Kくんが「ありがとー」ってやってきた。
本人目の前じゃアンケートは書けないw
話をするのは後にして、とりあえずアンケート。
そして物販に行ったらこんどはKsさんがいた。
「久しぶりー!!」って、みんなとても懐かしがってくれます。
うれしい限り。
「もう帰っちゃうの?」って言われたから
「とりあえずおなか空いちゃって、ご飯」
って、言って、私はWと二人でご飯。
仕事の話、人生の話、何だか面白い話をたくさんした。
気付いたら結構な時間で、
そのあとKくんと話したりもして、
仕事のあとがとても楽しくて、あっという間に過ぎてしまった。

今日のこの時間が、ちょっと一瞬昔に戻った気がして、
非常に楽しくて、いい時間でした。

PageTop

通勤中に思うこと

またまた電車の中からです。
昨日に引き続き、super butter dogです。

ここ2~3年、凄く感じることがある。
体力の衰え。
同じことをするにも、疲れ具合が違う。
すぐに疲れてしまう。

年齢のせいなのか、
病気をしたせいなのか。
もちろん年齢はかなり影響してるが
病気前後、自分で急に老けた気がしてならん。
病気発覚直後は、生きなきゃ!と
強く思っていたはずなのに。

毎朝同じ電車に乗っていると、
顔なじみが増えますねw
別に挨拶とかしないけど。
でもちょっと親切に感じたりする。
東京駅まで一緒の人って結構いるのね。
みんな遠くまで通っているなぁ。
自分もだけどw

PageTop

ファンキーミュージック

ただいま電車内で携帯から更新です。
6/16のSUPER BUTTER DOG presents ファンキー大百科の
先攻発売の抽選、落ちて悔しいので、
電車の中でSUPER BUTTER DOGを聴いてます。

もう身近な人は聞き飽きたでしょうが、
SUPER BUTTER DOGとの出会いは
私が下北一人暮らしの時でした。
まだ越してきて間もないころ、
私の部屋にはテレビもなく、
仕事から帰ってきて、ご飯を作りながら
TOKYO FM を聴いていたのです。
その時にやっていたのが、SUPER BUTTER DOGのラジオ。
それまでずっとロック少女だった私は
SUPER BUTTER DOGのファンキーな音にやられたのです。
そして永積くんのあの声。
それから間もなくして家の近くのdisc unionで
「FREEWAY」というアルバムを買ったのです。
今でもこのアルバムを聴くと、あの頃がよみがえる。

PageTop

台湾のお菓子

会社に台湾の方がいらっしゃるのですが、
GW中に帰省していたので、お土産を頂いた。
「太陽餅(タイヤンピン)」というお菓子
070508_1835~0001.jpg

まわりはサクサクーッとしたパイ生地みたいな感じで、
ちょっと油っぽく、そしてボロボロとこぼれ落ちるので
食べるのが非常に大変なお菓子。
中にはもちっとした餡が入っているのだけど、
思ったほどは甘くないので、
大きなお菓子なんだけど、一つ食べてしまえるかと。

しかし、私は今とっても痩せたい気持ちでいっぱいなので、
このお菓子を食べるタイミングを見計らっていて、
今回はまだいただいておりません。
先日会長から頂いた羊羹もあるのになぁ…。

PageTop

ついに!

加護ちゃんの次は辻ちゃん!
妊娠and結婚だと。


いやいや、そうではなく…
ADOBE CREATIVE SUITE 3 日本語版が発表!
待ってました!
が…高い…。
CS2より高い…。
困ったなぁ…。
こんな金額、予想外だよ…

PageTop

何となく気付いたこと

私は自分だけ楽しむことに抵抗を感じていたのかもしれない。
何か興味深いことがあったりすると、
それに彼も一緒につれていかなければ、
という気持ちがどこかにあったのかもしれない。
例えば、ライブだとか。
演劇だとか。
展覧会だとか。
美術館だとか。
もちろん、自分の好きなものを知ってもらいたい、
という気持ちや、共有したいという気持ちはある。
でもそれだけではない気がしてならない。
例えばそれが、すごく楽しかったとして、
あとから「あぁ、彼も連れてくれば良かったかな…」
などと思ったりすることが、嫌だったのかも。
嫌だし、申し訳ない、と。

だから逆に彼が私のいないところで、
楽しんだりしているのを見て
悲しくなってしまったりする自分がいるのではないか、と。

これもきっと私の我侭なんだろう。
もっと自分だけで楽しんでも問題はないのだろう。
そこまで何でも彼と一緒にしなくてもいいのだろう。
ここ最近「自分だけ」でどこかへ行くことに抵抗を感じていたのは、
きっとそこなんだろうな、と思った。

いつか行った岡本太郎美術館も、結局時間がなかったとは言え、
なぜか抵抗があって友達とは入れなかったし、
ペテカンを観たときも、楽しかったけど
何か、罪悪感までは行かなくても、申し訳ないな、と感じてしまったり、
CaravanのAXライブの時だってそうだった。
でもそんなことは相手にとっては知ったこっちゃない話で。
それで逆パターンでショックを受けられてもかなわないわけで。
行きたい時に行けばいいし、誘いたいときは誘えば良いんだよ。
簡単なことなのに、私にとってはなんだか難しかった。

「好きな人の好きな人(ことやもの)を好きになりたかった」
があまりに根強くありすぎたのかもしれない。
彼の好きなこと、楽しいと感じることを、
たとえ私が好きになれなかったとしても、
知っていたい、観ていたい、と思ってしまっていた。
そして私の好きなこと、楽しいことを知ってもらいたかった。
でもこれじゃお互い息苦しくなっちゃうだけだ。

PageTop

必要なこと

11時に待ち合わせをしていたんだけど、
結局ほとんど寝ていないので、
朝も早くから支度をして、ちょっと早めに出かけた。
早めに横浜に着いたので、喫茶店で
会社の同僚から借りた本を読んで待っていた。

彼に会うなり「ちゃんと寝た…?」と聞かれた。
完全に寝ていないことがバレている。
そりゃそうだ、いくらなんでもこんなひどい顔は
メイクじゃ隠しきれないのだ。
それからちょっと二人でじっくり話した。
でも頑張ってやって行こうという気になった。
もう少し彼をちゃんと信じてあげなければ、と思った。

そして前々から予定をしていた
「チベット・スピリチュアル・フェスティバル」へ行く事に。
ゴールデンウィーク中、護国寺で開催されているのです。
チベットのお坊さんがたくさんいらっしゃいました。
今日はイベントが少なく、物足りない感じがしたけれど、
護国寺、という場所もなかなか良いところでした。
桜の木などが青々としていて、木漏れ日がキレイでした。
070505_1438~0001.jpg

チベットのバター茶は、もうあまり飲みたくないですw
ここにいて、急に彼のお父さんのお墓参りに行きたいと思い、
「今度、お父さんのお墓参りをさせて」と言ったら
「ありがとう。すぐにでも行こう」と言ってくれた。
彼のお父さん、もうずっと前に亡くなっているので、
当然お会いした事はないんだけど、
ちゃんとお参りしたい、伝えたい、と思ってしまった。
ここの雰囲気がそうさせたのか、
すごく不思議な感覚で、強く「行かなければ」と思った。

一通り回って、満足したので、護国寺をあとに。


電車で有楽町へ戻り、松屋銀座まで歩く。
会社の方から「星の王子様展」の招待券を頂いたので、
絶対に観に行きたくて、彼につき合ってもらったのです。
星の王子様は、うちの母がとても大好きで、
私が小さい頃、当時既に古くなった絵本を私にくれました。
あまりに小さすぎた私は、内容がとても難しくて、
理解するのに、時間がかかったのだけど、
やはり私も、今では大好きなお話の一つとなりました。

もう一番はじめのスクリーンのところで、
何だか涙が出て来てしまって、
「のっけからこんなんで大丈夫か?」と思ったけど、
すごく楽しかった!
作者のサン=テグジュペリの生涯なども公開、
当時のデッサンなど、よく保存されていたな…。
このお話の中には大切な言葉がたくさん出てきて、
その言葉は、作者本人が常に感じてきていたことなのだな、
と感じた。
2年前、宮崎あおいが演じていたんだね、星の王子様。
そのミュージカルのVTRなども、流れていた。

私はウワバミに夢中で、
彼は箱の中の羊に夢中。
というか、そのグッズに夢中ww
しつこいくらいに、マニアックすぎるくらいのグッズたち。
でも買わなかったけどねw
「心で見ると、見えないものが見えてくる」
私も心の目を開かせよう。
上辺だけで判断していくのはやめよう。
本質をきちんと見て行こう。

今日はすごく楽しい1日を過ごす事が出来た。
護国寺も、星の王子様も、今の私たちに必要だった気がする。

PageTop

5月4日のこと。

一昨日あんなことがあり、
昨日(4日)は一日中、やる気が失せていた。
せっかくのGWだというのに、
あんなにお天気が良かったというのに、
私は一日中家の中にいました。
まぁ、お部屋の掃除とか出来たからまだ良いけど。
夜は家でお酒を飲みました。
結構なハイペースで飲みました。
が、酔えませんでした。
眠れもしないので、時効警察を観た。
こんな気分なのに、やはり笑えた。
麻生久美子扮する三日月しずかって、
本当に良いキャラだと思う。
オダギリジョー扮する霧山とは良いコンビです。
今回は「早め亭」のおばちゃんがナイスでした。
それでもまだ眠れない…。

その後のタモリ倶楽部までしっかり観てしまった。
「ブツセン」って何の事を言ってるのかと思ったら
「大仏選挙」のことらしく、日本三大仏像の、
奈良の大仏、鎌倉の大仏、あともう一つの議席を決める、
という何ともくだらない企画。
奈良も鎌倉も決まっているはずなのに、何故か出馬。
そして当然の様に「当確が出ました!」と奈良・鎌倉のツーペア。
どこの仏像だか忘れたけれど、
表情も普通な感じで、身にまとっているものも、
シンメトリーなので、本当に見るからに「普通」な仏像が出て来て、
それに対して、みうらじゅんは
「演説っつっても、お経を読むだけですからね、
ファッショナブルな線で攻めないと目立たないでしょうね」
とかなんとか言っちゃって、この人ってやっぱり面白い!
その他にもコメントの一つ一つがいちいち笑わせる。
結局決まらずに終わったんだけど…。

そんなに笑いが立て続けにあったのに、それでもまだ眠れず。
結局寝付けたか、と思っても、すぐに目が覚めてしまい、
数時間寝たか寝てないか。
とりあえず、11時に彼に会う予定なので、支度して出かけた。

PageTop

依存を解くには…

私は責めることばかり考えていた。
自分が心に病を抱えてしまったのは、
他でもなく彼が原因で、
それを、今の自分は変わって、
過去の自分のことを責められても
困るって感じの態度を取られると
本当に許せない気持ちが出てきてしまう。
今の彼は他人を思いやれる立派な人になったし、
仕事だってかなりまじめにやっていて、
出世だってしている。
だけど、あの時の彼は酷かったし、
それを自分でも認めているんだったら、
過去の自分の責任を取って、
という思いでいっぱいだった。

私は彼を好きな気持ちの反面、
恨みというものを抱えているんだと思う。
なので、急に過去を思い出しては
彼を責めてしまう。

2年前、私がどんな思いで彼が来るのを待っていたか、
それを分かって欲しかった。
鬱という心の病気になって、
癌という病気になって、
退院してまだ間もない時、
彼を信じて待っていた私の気持ちは、
多分誰にもわからないのに。
ただただ、自分の感情、自分の理想を、
彼に押し付けていたのだろうと思う。

わがままだといわれた。
それも半端じゃなく、相当わがままだと。
親に甘やかされて育てられてきたんだと。
わがままだと言われたことは仕方がない。
けど親のことを言われるのは本当に憎かった。
私だって彼に言いたいこと、親にどうしつけられたの?
とか言いたいことはあるけれど、
それは言ってはいけないことだと思ってきていた。
でも彼はそれを言ってしまったのです…。
確かに私は大事に育てられてきたと思う。
厳しい家庭ではあったけど、逆に過保護だというところも。
でもわがままに育ったのは親のせいだとは思っていない。
だいたいわがままなのは、普段からじゃないから。
友達の前で、そんなわがままを言ったことはないはずだし。

親や友達に「彼はどう?」と聞かれても
「変わったよ。全然違う人だよ」と答えてきた。
愚痴ったところで
「やはり過去は消せないし、苦しむのは自分だよ」
「やめちゃいなさい」
と言われるのははじめから分かっているから。
だから愚痴れずに来ていたし(ここでは愚痴ってるけど)
「本当に変わったんだよ」と言っても、
「本当?今だけでしょ?気をつけなよ」
と言われてしまう始末で、想像以上に周りの反応は冷たい。
だから吐き出せるところがなく、
ここで吐くか、本人にぶつけてしまったりする。
でも、友人の友人のブログを読んで、
すごく気持ちが楽になった。
すくわれた感じがした。
自分も変わっていかなければ仕方がないこと。
過去をこだわっていても仕方ないこと。
愚痴ったり弱音を吐いたりすることは
一時期の快楽なだけで、何の解決にはならないこと。

昔つきあっていた人に
「自由な君をみていると、縄でつないでおかないと
どこかへいってしまいそうだ」
と言われたことがある。
そのようなことは一人に言われたわけではなく、
数人に言われたこと。
そんな私がなぜ、こんなに孤独に感じてしまうのか。
不安に感じてしまうのか。
相手が自由すぎるから?私が変わったから?
とにかくあの時の私に近付ける努力をしなければ。
あのときはいろいろと夢中になれるものがあった。
今は何に夢中になれているのか、わからない。
身近な友達も、結婚してしまったり、
遠くへ行ってしまったり(物理的に)、
引きこもりになってしまったり、
夢中になるものを見つけよう。
一人でも、友達とでも、楽しめることを見つけよう。
彼だけしかいない状況を打破しなければならないと思う。
彼にとっては私だけじゃないんだから。
彼に依存し過ぎるのはやめよう。

PageTop

モーゴの人々

年に1度のシティボーイズライブ。
来る途中に相当精神的におかしくなってしまった私でも、
彼等の舞台は笑いを与えたくれた。
この時間だけでも私は楽しむことが出来た。

「雁首倶楽部」という、
またしても訳の分からぬキャラたちが登場。
『雁首揃えて、どーも申し訳ございません!…した』
というもの。

そして全てはCATSに繋がっているという…。
細川さんや三木さんってどんなことをしていて、
構想って生まれるのかしら…。
私が仕事のことで思い付くときって、
だいたい仕事中には思い浮かばず、お風呂に入ったりしているとき。

CATSだとか、斉木しげる演じる「Phantom of CATS」とか
実は今私が仕事をしているものに通じるものがあるのです。
某大学の某サークルのプログラムを作成していて、
そういう類いの内容でして…ww
すごく身近な内容なだけに、すごく興味津々でした。

今回音楽は生演奏で行われたんだけど、
大人計画の舞台を思い出させる感じだった。
演奏していた方々は、「時効警察」の音楽を
担当している方々だそうな。
そして舞台終了後にはなぜかi-depの「Child Seat」が…。
なんかいろんなものが自分の中で繋がって、
今回は特に満足。
サイン入りパンフレットも斉木さんでしたし。

PageTop