FC2ブログ

**Sunnydays Happytimes**

リンクする際はご一報ください。

「日々に」

070930_0109~0001.jpg

 ペテカンの舞台を終え、家に帰宅すると私宛に郵便が届いていた。差出し人は三人サイトー先生だった。

 実は先日、mixi上でサイトー先生にメッセージを送った。三人が活動休止してからソロで活動を始めたサイトー先生が、9/22にソロ・ファーストアルバム「日々に」をリリースした。私はいつライブに行けるかもわからないし、どうしてもCDは欲しかったので、先生に直接入手方法を聞いた。そしたらば何とも驚きの返事が返ってきた。

 実は風の噂で、私が闘病生活を送って頑張っていると知って、イイダ(べいびちゃん)と2人で「お見舞いとして、サプライズでCDを贈りつけよう!」という事をこっそりと企んでいたらしい。そんなところに私が直接問い合わせしてきたもんだから、ネタばれしちゃったというわけなのですw感激しちゃいましてね、私。そりゃ感激だわよね。

 で、そのCDを深夜にもかからず、これを聴いてからでなければ私は眠りにつけないと思い、さっそく聴かせていただきました。

 すごい、すごいです。ビシビシと心に響く歌ばかり。直球です。切ないけど、すごく素敵な曲ばかり。歌詞を読みながら聴かせていただいたのだけど、痛い程に、苦しい程にいろんな想いが込み上がってきました。三人時代に、サイトー先生が「愛してるだとか好きだとか、ストレートな歌詞が書けない」と言っていたことを思い出しました。それなのに、今じゃストレートに書いている。それがもう素晴らしく想いがこもっているものばかり。それがね、全曲そう。どれもこれも捨て曲なんてない。

 サイトー先生はどうやら歌い方が変わったように思う。曲調も。一皮剥けたように、素晴らしかった。三人の時も素敵だったけど、より素敵。ソロのサイトー先生は三人よりもずっと好きかも。もちろん三人も大好きでしたが輪をかけて「三人サイトー」は、大好きです。

 しかしこのジャケット、すごいこってる。まるで間違い探し、いや、ウォーリーを探せ状態です。もう何個の箇所が変わっているのか…。いったいこれは誰が作ったんですかね?Photoshopとかで加工してるんですよね?このジャケットを観てるだけで楽しめちゃう。

 ペテカンの舞台といい、三人サイトーさんといい、昨日は改めて気付かされたことばかり。三人というバンドに出会えた事で、私の人生を大きく変わったのは事実。三人というバンドの存在そのものに感謝です。サイトーさん、心の底からありがとう。

スポンサーサイト



PageTop

「彼のことを知る旅に出る」

f_syo.jpg

彼の突然の死から一年。
私は彼のことを知るたくさんの人達に
彼の話を聞く旅に出ました。
彼のことを知りたくて、ただそれだけ…。
彼の死んだ理由を知りたくて、ただそれだけ…。
ひとりひとりそれぞれの、言葉が無数に繋がって
いろんな彼が見えて来る。いろんな彼を好きになる。

                (TEXT:ペテカン)

 ペテカン第28回公演「彼のことを知る旅に出る」を新宿THEATER/TOPSにて、小原君と観てきました。今回のこの舞台、正直今までのペテカンの舞台で一番、いや、私が今まで観てきた舞台の中で、No.1です。これは本当に。かなり笑ったし、かなり泣いた。なんでこのタイミングでこの舞台なんだ。話の内容、演出、出演者、もう全てがベストでした。本当に素晴らしかったので、いろいろな方に観ていただきたいと思ったのですが、残念ながら本日30日お昼の公演で千秋楽。しかもさらに残念なことにSold Out。当日券も出ないそうです。

 私がペテカンと出会ったのは10年前。In the SoupというバンドのVo.中尾諭介の紹介で出会った。ペテカンの本田誠人さんといえば、中尾さんと高校時代、宮崎でお笑いを組んでいたふたり。そんな二人が東京へ出てきて、中尾さんは音楽の道へ、本田さんは演技の道へ進んだ。二人ともそれぞれ、In the Soupはメジャーデビューへと、本田さんはTVCM、ドラマに出るほどの活躍。

 本田さんは、こんなに多忙になっても、いつも直接公演の告知メールを送ってくれる。チケットの手配なんかも、直接頼むとすべて手続きしてくれちゃう。私から観たら雲の上の存在なのに、それなのにあの頃と変わらず接してくれる。
 中尾さんといえば、出会いは'96年くらいだったと思う。下北の251で、別のバンドのライブで「今度初ライブやりまーす」とチラシ配りをしていたところ、話したのがきっかけ。「絶対観にきてね」と言われ、曲も聴いたこともないのにそのライブに行ったら「なんだよ!本当に来たのかよ!すげーな!」と言われた思い出。それがきっかけでIn the Soupのライブへ行くようになった。その数年後、とんとん拍子で事が運び(とは言ってもそれなりの努力・苦労はしています)、いつの間にかメジャーデビューをしていた。それまでも中尾さんとは、下北でバッタリ!ラーメンを驕らされたり(なんて奴だ!)、朝のラッシュアワーの山手線でバッタリ!あったり、なんて偶然があったものの、メジャーデビューしてしまってからは、そんなこともなくなり、連絡もあまり取らなくなってしまっていた。あんなに「今、どうしてるかな」「会いたいな」「話したいな」と思っても願いは届かなかったのに、なぜかその願いが、昨日かなってしまったのです。
 ペテカンの舞台が終わり、外に出たら彼がいるじゃないですか。しかもすぐ目の前に。声をかけました、「私のことわかる?」と。一瞬間があってから「うわーーー!!」と記憶を甦らせた彼。「なんだ、In the Soupには来ないで、こっちに来てるのか!」とちょっと皮肉を言われたwでもその皮肉すら嬉しくてたまらない。「また、ミカミカユウコでライブに遊びにきてよ!」と言ってくれました。すごいね、ちゃんと覚えていてくれた彼に感謝です。
 今回の舞台といい、久々の再会といい、それを小原君と一緒に観れたことといい、すべてがベストな日でした。最近ベストな日ばかりだな。

 このペテカンの舞台を観たことで、私がいま抱いている夢というのをスタートさせようと決意しました。この舞台を届けてくれた本田誠人さんに大きな感謝。夢というのは、また後日…。

PageTop