FC2ブログ

**Sunnydays Happytimes**

リンクする際はご一報ください。

【抗ガン剤治療】第5回目

 FOLFOX6、第5回目の治療(アバスチンは4回目)、神奈川県立がんセンターに行ってきました。朝一(8時くらい着)に行ったにも関わらず、終わったのはだいたい16時。血液検査から主治医の診察、それから治療。実際に治療に入るのが11時くらい。で、とりあえず病院で受ける治療を終えたのが15時前。それから46時間の注入ボトルに切り替え、再度主治医の診察。丸1日病院だ。
 私の主治医の外来担当日は月曜と木曜。ハッピーマンディ制度のため、どうしても治療が木曜に集中しちゃうらしいのです。先生は気を使って「月曜日でも大丈夫なら、今のところ月曜が比較的空いてますよ。次回は月曜にしますか?」とおっしゃってくれたのだけど、私は木曜を治療日としていろいろスケジュールを立てているので、今回はまた木曜日にしてもらった。「私は木曜日でも月曜でも全然問題はないのですが、お待たせしちゃって申し訳ないなので、もしまた変更したければおっしゃってくださいね」なんて言ってくれちゃいました。
 前回の治療で現れた変化を全て先生にお話した。まず今回は生理とぶつかった(男性の読者の方、すみません。これも情報として書かせてください)。私はもともと生理痛が重かった。しかし2年前の手術以降、結構軽くなっていた。が、今回の治療を始めてからともておかしい。今までそんなに周期が狂ったこともないのに(遅れることはなく、逆に2日くらい早まるとか、その程度)、今回は2~3日遅れる。しかもむかーし生理痛が重かった時にあった吐き気も、今回副作用と重なってしまったせいか、ずーーーっと1週間以上も気持ちが悪かった。しかも量も期間も長すぎる。もう1週間とっくに過ぎているのにまだ終わらない。って、ことを先生に聞いたら「それも治療のせいです」とハッキリ言われました。治療をしていると、周期も量も期間もぐっちゃぐちゃになるらしいです。多いときもあればすごく少ないときもあり、期間も「もう終わっちゃったの!?」って感じの時もあるらしい。でもその話を聞いておけば慌てることもないね。
 あともう一つ。私の手の指の皮がベロベロと剥けはじめている。例えるなら、日焼けをしたときに皮がむける感じ。でも…それよりももうちょっと厚いかな。皮が剥けること自体は痛くはない。お風呂に入った時にふやけたりして、それから剥けはじめるから。ただ、その剥けたあとの皮膚がね、物をつかんだりする時にすごーく「直」に感じてヒリヒリ(今のところ我慢できる)。それも話したら「副作用です」と。んまぁ。

 私と同じ治療を、同じ第5回目を受けた男性(65歳)の方がいる。別に知り合いでもなかったんだけど、その治療を待っている奥様と、同じく治療を待っているうちの母が話友達になってしまってwwなので、自然と私たちも話すようになり。それが前回から顔見知りになって、今日で余計親しくなった。同じ治療を受けていて同じ周期なので、なんだかすごく心強い。その方は大腸ガンが発覚した時、すでに肝臓に転移していたらしいので、手術ではなく抗ガン剤でってことになったようです。そして付き添っている奥様も、実は去年卵巣がんの手術をしたとか。夫婦そろってがんサバイバーなのです。でも奥様はすっごく明るく、しっかりものなので、あの調子で夫婦でがんばって闘ってほしい!ああやって病院で顔見知りができると良いですね。待たせてるうちの母も、話し相手がいることで、退屈しないだろうし。
 入院中、病棟の事務にいた小柄の可愛らしい女の子がいたのだけど、毎回何度か見かけていたけど、こっちを見るわけでもないし、仕事中だからわざわざ話しかけることをしなかった。でも今日は一人の患者さんを連れて歩いてくる時に、ちょうどすれ違ったから「こんにちは」と軽く言ってみた。そしたら満面の笑みを浮かべ「あー!!こんにちはー!」と大きな声で挨拶してくれた。それがね、とっても嬉しかった。入院する際に病棟の設備についていろいろ説明してくれた女の子だったのだけど、私なんて入院期間も短かったし、多くの入院患者がいるのに、覚えていてくれて嬉しかったです。そういうことでも元気がでちゃいますね。やっぱり挨拶って気持ちがいい。

 すみません、だんだん気持ち悪さが現れてきて、しかも手のしびれもひどくなってきたので、ここ数日は安静にしています。ブログの更新が数日間できないかもしれませんが、大丈夫なので心配しないでくださいね!また副作用が軽くなったあたりからもどってきまーす☆

スポンサーサイト



PageTop