FC2ブログ

**Sunnydays Happytimes**

リンクする際はご一報ください。

変化がありました。

 3泊4日、品川にあるMOA高輪クリニックで入院してきました。入院って言っても辛い治療など一切ない入院です。

 以前から3ヶ月に1度くらいはここへ通っていました。いつか入院できればなーなんて思っていたのだけどなかなか…。今回が初めての入院。この入院中に、徹底的に浄化療法を受けるのです。もうそれは朝から晩までです。というお話だけは伺っていたのだけど、イマイチイメージが出来なくて。

 まず初日。病室に案内され、荷物を置き持って来た部屋着に着替えました。そのあと薬剤師さん、栄養士さんがいらっしゃり、挨拶。そして看護師さんに連れられ問診と身長、体重、ウエストの計測。再び戻った時には4人部屋の病室には患者さんが揃っていました。で、早速です!ここでいきなり施術を受けるのです。すごいです。施術してくださる方のほとんどはボランティアの様です…。すごすぎます。いち日は同じ方が施術してくださいますので、午前中から午後にかけての身体の変化もみてくださいます。
 初日は午前中から入院だったので、昼食を食事室でいただきました。食事はすべて自然食。無農薬のお野菜をふんだんに使ったお食事で、とても美味しかった!とにかくお米をたくさんいただくのです。毎食、ご飯は玄米の七分搗き。我が家も最近は七分搗きだったり五分搗きだったりですが、やっぱり美味しいですなぁー。
 お食事を写真に撮りたいくらいに毎食毎食きちっと盛りつけられていて、一人一人にランチョンマットを敷いた上に小さなお花も添えられていて…そのちょっとした心遣いだけで全然違いますよね。病院食ってプラスチックのトレーの上にプラスチックの器で、見るからに食べる気が失せてしまうけど、この入院での食事は、この食事こそも健康法のひとつなので、かなりのこだわりがあるようです。これが『自然食療法』。

 2日目は朝の目覚めは良かったのですが、気づいたらめっちゃくちゃ身体が重い!ダルい!節々が筋肉痛になったかのような痛み…。うぉー!これが「浄化促進」ってもののようです。毒素が体内から排出されるために必要な痛みやダルさのようです。今まで施術していただいても、ここまでの経験はなかったのでちょっと感動…。でもこれが本当によくなるのだろうか…という半信半疑な気持ちもありつつ。でも「薬を入れるときは薬毒が入ってダルい、でもこれは毒素を排泄する際のダルさだから意味合いが違う」と。近所の方からの説明で納得。その通りだと思った。これが抜けた時、どんなことが起こるのだろうと楽しみでもある。
 2日目は朝食の後、「ミニ美術セミナー」がありました。廊下に飾られた絵画を、説明を受けながら鑑賞するというものです。これも健康法のひとつ『芸術療法』です。2日目は施術の合間合間に、この芸術療法が盛りだくさんでした。
 「ミニ美術セミナー」のあと、午前中はひたすら施術。昼食をいただき、午後一も施術。途中、同室の4人で『お花セラピー』へ行きました。『お花セラピー』の前にお菓子とお抹茶をいただき、そのあとたくさんのお花の中から、好きなお花と花器を選んでそれを生けてしばし鑑賞。私が一目惚れしちゃったのは真っ青でひと際鮮やかにみえたデルフィニウム。それをすーっと背の高い薄紫色の透明な花器に入れました。それをぞれぞれ病室へ持ち帰りました。いいねぇー、お気に入りのお花が病室にやってきただけでパーッと明るくなるねぇー。
 その後は再び施術。途中、ストレッチ。朝のダルさは少々緩和されたかな…。けど、まだダルい…。
 夕食後、ロビーで『美術セミナー』。先ほどとは違い、今度はスライドでの作品鑑賞。紅茶を頂きながらまったりと鑑賞。説明して頂きながらだったので、とてもわかりやすかったです。その後再び施術。しかしこの2日、ものすごい時間施術をいただいているなぁー。1時間いただいたら30分休憩、というような感じでこまめに休憩が入るんだけど、この4日間でどのくらいの時間いただくことになるんだろう…。

 3日目、目覚めスッキリ!昨日のダルさはどこへやら。気持ちもいい具合にスッキリしてました。3日目特にセミナーなどはないので、ひたすら施術。朝から晩までひたすら!3日目が終わったときにはびーっくりするくらいに身体が軽い!心も軽い!夜、看護師さんが病室に入っていらっしゃって、「ヒーリングハープを試してみませんか?」と…。ヒーリングハープ??と思っていたら、病室に本物のハープが運び込まれ、どなたが演奏を!?と思ったら、その看護師さんでした。「まだまだ未熟なので、音を出す程度ですが…」とおっしゃっていたのに、素敵な曲を演奏してくださいました。その美しい音色にホントうっとりしちゃいました。本来は一人一人の体調に合わせてベッドの横で奏でるのがヒーリングハープらしいです。これは相当リラックスできる…。「触ってみませんか?」とおっしゃってくださったので、ちょこっと…。弦の並びがちゃんとドレミの音階になっていました!これは楽しいかも…。
 こちらの看護師さんは、みなさん何かしらの代替療法を学んでらっしゃるな…という印象。アロマテラピーなんかも勉強されている方もいて、初日の夜「もし寝付けない様だったらリラックスできるようなオイルをもってくるよー」なんて…。そのオイルをティッシュに含ませて枕の下に入れて寝たら、ホントにグッスリ!外だとなかなか寝付けない私がホントにグッスリ。結局毎晩いただいてました(笑)。
 代替療法の良いところは、カラダはもちろんだけど、内側から健康になれるところが良い。内側が元気になると、自然と免疫力が高まるから、病気も撃退!なんていうのが理想ですね(笑)。でも、あると思います!(天津木村)特に私は心のバランスを崩しやすいから向いている気がする。これで心も身体も元気になれたら万々歳だね。

 4日目は退院日なんだけど、退院する15時直前まで施術。最終日は自分でも他人からもわかる程に元気!同室の方から「重たい病気なのに、一番元気だよねー!」っていわれちゃいました(笑)。心が元気!と言っても、これは本人にしかわからないことなので、置いておいて…、一番ビックリしたのは…入院時と退院時のウエスト周りのサイズが6センチも減った!!!みんな減るものらしいのだけど、ここまで減るとは…。看護師さんも「ワタシ、計り間違えちゃったかもしれないので、もう一度計らせて」なんて言われちゃったくらいでした。いや、でも間違いじゃなかった。腰のあたりに張りがあってカッチカチだったのが、それが見事に落ちてて、計る前から自分でも変化があるのはわかっていた。痩せた訳じゃないので体重は変わってないと思うのだけど、体重が減るよりも嬉しいかも。すごい…またまたすごい結果を見せてくださいましたよ。

 自分がこういう病気になって、いろいろな療法を試せる、そしてそれを結果としてここで知らせることができるということは、ある意味幸せな気がする。こういうものって強要するものではないし、なかなかオススメすると言っても受け入れられない人もいるだろうから、知りたい人が知る、という形は悪くない。便利な時代だなー。

スポンサーサイト



PageTop