FC2ブログ

**Sunnydays Happytimes**

リンクする際はご一報ください。

オルタナティブ・メディシン

 私は小さい頃からある環境下にいたにもかかわらず、その環境を無視してきていた。無視というか、興味を持たなかった。その、ある環境というか、あることをここへきて改めて見つめ直してみようと思い出した。
 その、あることとは、今ここで書くと誤解を生じる可能性もあるので、いずれ時期をみてここに書きたいと思いますが、その、あることから「代替医療」に関心を持つようになり、調べるようになった。
 代替医療とは何ぞや、と思われる方もいるかと思いますが、簡単に言えば「現代西洋医学以外の医学・医療のすべて」のことを指します。サプリメント等による栄養療法、リラックス療法、カイロプラクティック、マッサージ、鍼灸や漢方、ヨーガ、その他民間療法などなどなど、それら全てが「代替医療」にあたります。おそらく誰しもが一度は試したことがある極身近なことなのです。

 で、ある事柄から高輪プリンスホテルの真ん前にある、某クリニックへ行くことになり、本日行って参りました。まず普通に問診等行い、癌を専門に診ていらっしゃる84歳の先生を受診することになりました。その先生は、第一線からは退いたものの、いまだ現役で先生をしていらっしゃるお方。84歳という歳を聞いていたので、ヨボヨボを想像。いざお会いしてみたら、え!?本当に84歳!?というようなお方で、それこそ70そこそこにしか見えない。診察室に入る際に初めてお顔をみた瞬間、「あぁ、なんて優しい穏やかな表情なんだろう」と思ってしまった。
 実にびっくりすることに、その先生の診察は1時間半にも及びました。まず普通の病院ではあり得ないことです。たった一人の患者に1時間半も診察なんて。
 まずは私の発病からを順序立てて説明。それをすごくきれいにすべてを書き取っていました。2年前からの話をひとつひとつ説明していくのはとても大変で、説明する方も記憶を辿っての説明でした。でもそれを一つも逃すことなく、全部を記録。まず、それに関心してしまいました。
 40分くらいかけて説明したところで、「じゃぁ診察しますね」と。診察は、すべて手作業。体を叩いてすべての音を確認する。実に細かくあちこち叩いて音を聞く。首からはじまり、肩や胸、お腹まで。そんな叩きながら音を聞くような診察、小さい頃小児科でやってもらって以来のことだ。吸ったり吐いたりを繰り返し聴診器でしつこいくらい聞いている。先生は「うん、肺は異常ないみたいだ」とハッキリ申しました。そしてお腹についてはあえておっしゃらなかったけど、やはり何か異常はあるみたいです。っていうか、それってすごくないですか?だって、今の病院はほとんど機械まかせで、先生の診察なんてものの10分あればいいとこの現代で、その診察方法。私は感動してしまいました。84歳という高齢だからこそ、長年の経験が物を言うのでしょうね。
 で、すべて診察が終わったところで、今度は私の病状、そして現在がんセンターで使っている薬の説明、大腸ガンはどういうことに気をつけて行けばいいのか、を説明してくださいました。本当に、実にわかりやすく。現在私が使っている薬の説明を、がんセンターの先生から聞くよりもさらに詳しくちゃんと説明してくださいました。そこに再び感動してしまった。そしてビタミンCとEを取ること、お肉はなるべく控えること、野菜はとにかくたくさん食べること。ビタミンCもサプリメントで取るのではなく、果物などから。ビタミンEは胚芽や大豆に含まれるので、玄米じゃなくても、胚芽米を食べ、豆腐なんかもよく食べること。
 それだけ詳しく説明してくださった後「わからないことや聞いておきたいことはありますか?」と。もう私はこれ以上何を聞く?というくらいに納得できたので、言うことはありませんでした。この先生の優しくて素晴らしいオーラはなんなんでしょう。自然に安心感や楽しく明るい気持ちになれてしまいました。抜け毛がある話もしたら「ウィッグもあるし、治療が済めばまた生えてくるからね。大丈夫!」と言われて、「ですよね!」なんて明るく答えられちゃったし。この先生と話すことで、自然と心のケアまでされているようでした。
 1時間半にも及ぶ先生の診察を終え、感謝感謝でお礼をして、まずここでの診察のお会計。またそのお会計にビックリ。あんなにじっくり診察したにも関わらず、たったの900円…。え!?9000円の間違いじゃないの!?いや、900円でした…。すごい。
 今度は別室で施術。今度は「代替医療」と呼ばれているものに入りました。その施術方法等は、またしてもちょっと説明をしずらいので、今度改めてきちんと説明しますので、ここでは省きます。全部が終わったのが夕方17時すぎ。もう「すごい」の連発です。ここでのお会計、料金は決まっていません。一口1000円からという、口数で患者側が決めて良いらしい…。なんで!?なんでなの!?

 この「代替医療」と呼ばれているものたちのうち、科学的根拠が十分に得られたものについては、現在西洋医学と融合して「統合医療」として発展していくのが望ましいと考えられるいるようです。私が受けたこの施術、実はアメリカ等で研究が進められているらしく、近い将来、ちゃんとした大きな病院が、この高輪に設立されることが決まっているらしいのです。医学・医療がもっともっと発展していくことを強く望みます。
 また「代替医療」に関しても、随時記事を書いていきたいと思っています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なんかすごい病院だね!!
なんでもそうだけど、病院の選び方って
むずかしいじゃない?
いい先生にめぐり合えるのもほんと運というか。
だからそんな先生に診てもらえて良かったよね!

mika | URL | 2007年10月02日(Tue)10:52 [EDIT]


私が今まで出会った病院の先生は、診察しても、自分から質問しないと詳しいこと教えてくれない先生が多かった。

だから、そんなにしっかり診てくれて、説明もしっかりしてくれる先生にはめったに出会えないと思う。しかもかなり良心的なお値段で、なんともありがたい限りだね。
そうゆう素晴らしい先生にはいつまでも現役でいて欲しいね。

ミド | URL | 2007年10月02日(Tue)20:06 [EDIT]


>mikaちゃん
ちょっと私は特別にたくさんの時間を費やしてくれたみたいなんだけど、でもいつもじっくりはじっくりみたいなの。
良い病院って口コミだけでも宛てにならないというか、やはり個人個人合う合わないあるもんね。だから一つの病院だけでなく、たくさんの病院に行って、より自分に合う先生を見つけたいね!

>ミド
だよね。私も今までなかなか良い先生って現れなかった。湘南中央病院の外科の先生は最高に良いけど、整形外科の方は怖そうなぶっきらぼうな先生がいるし、1つの病院の中にも良い先生、良くない先生っているからね。なかなか難しい。
そう、今の若い先生は自身がないみたいよ。だからって訳じゃないだろうけど、機械に頼るっていうか…。多分どんどんそういう先生は少なくなるね…。日野原重あき先生みたいな先生、絶対必要!

RainBow | URL | 2007年10月02日(Tue)20:26 [EDIT]