**Sunnydays Happytimes**

リンクする際はご一報ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コスモスとまぐろ

 今週はがんセンターいったり、高輪クリニックへ行ったり、地域で施術を受けたりしたのだけど、その合間をぬってコスモスの写真を撮ったり、三崎マグロを食べたりしました。

 まるで夏日のような暑い日、コスモス畑へ行きました。けど、まだあまり咲いてなかったけど。
081011_01.jpg
 写真を撮りながら歩いて、しゃがんだりしていたら、急に立てなくなった。完全なる貧血。しかも頭がまっしろになり、もうこれ以上は歩けない!って状態になってしまった…。実は、先日の血液検査でまたまた酷い貧血で「これは…普通の人の半分以下だねぇ…」って90日分の鉄剤を出されてしまったのだ。この時はまだ飲み始めたばかりで効いていない状態で無理に歩いてしまったのだ…。失敗。本当はもっと写真を撮りたかったのだけど、これ以上ここにいると危険だーって思って帰ることにした。

 三崎漁港へ行った。行くつもりなく、ついでに行った。
081011_02.jpg
 去年は「マグロジェラート」を食べに連れて来てもらったなぁ~なんて思い出しながら。やっぱりここへ来たらマグロを食べて帰りましょうってことで、周りにあるお店へ行ったんだけど時間が遅くてほとんどのお店は閉まっていた。けど、1か所だけ開いていたので入ったお店なとっても品のよいお店だった。贅沢に“炙りとろ丼”。
081011_03.jpg
 大トロは脂っこくて食べられないんだけど、中トロで程よく、めっっっっっっっちゃ美味しかった。こんな贅沢をしてしまったので、しばらくは外食出来ません。

 がんセンターはともかくとして、高輪の話。診察中、いろいろ話していたら感情が“うわっ”となって急に涙があふれて来た。全然とまらないのだ…。先生は私の気持ちをわかっているかのように「こうなんでしょ??」と言うもんだから、うわっとなってしまった。自分が今まで心の奥底に抱えていたものを突かれた感じで、ビックリした。しかも自分が気づいていなかった部分を突かれ「あ、それだ」っていう発見もあったりして…今回は診察っていうよりカウンセリングのような感じで、先生は優しく話を聞いてくれた。私が今始めようとしてることややりたいことも、「こういう場合は反対だけど、こうならば賛成」という意見もおっしゃってくださり…もう最初から最後まで泣きっぱなしだった(笑)。もちろんちゃんと診察もしてくださり、「ここをこう施術してみて」とか「こういう生活を送ってみて」とかおっしゃってくださった。なんだかものすごく気持ちがスッキリして帰って来た。安心感もあり、今日は特に行って良かったな~と思えた。
 療院のあと、お隣の某企業Sで“上映会”なるものがあって参加しようと思っていたのだけど、行きにかなりの貧血(駅の階段でフラ~っとしたり、療院前のゆるやかな坂で頭がクラクラしたり)だったので、帰りが夜遅くなるってこともあり、急遽キャンセルした。観たかったな~映画。またの機会に参加したいと思う。

 がんセンターの婦人科を受けたときの話。この貧血、結局は完全に月経過多が原因なのだけど、その月経過多な原因は抗がん剤を受けたことによる卵巣機能の乱れということらしい。これだけの月経過多の場合、生理の量を減らすなり、生理を一時期止める治療を施さないと通常の生活に支障が出るらしいのだけど、「もうこれ以上いろいろ治療したくない」と告げたところ「抗がん剤をやめて1年くらいで元に戻るかもしれないので、しばらくは鉄剤でしのいで様子を見ましょうか」ということになった。未だに抗がん剤による影響がここまであるのが恐ろしい…。

 今週はいろいろ考えることがあった。いろいろ選択していかなければならないな。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

立ちくらみ

今日(もう昨日かな)、水族館に行っていました。しゃがんでお魚を見ていて、すっと立ち上がった途端、目の前が真っ暗になりました。横に水槽のガラスがあるだろう、と思い、右手を伸ばし、倒れないように身体を支えました。
僕の場合、Hb(血色素量)低下の原因は、骨髄で赤血球の産生が抑えられているせいです。赤血球の産生が抑えられている原因は、抗癌剤です。
30歳代の男性で立ちくらみって・・・という感じですが、まあ仕方ないですね。僕の場合、もともとの血圧が低い(100/60くらい)のも一因だと思いますが。

のっぽ187 | URL | 2008年10月12日(Sun)01:11 [EDIT]


::のっぽ187さん::
水族館良いですね、大好きです。でも…貧血辛いですねv-121
私は抗がん剤受けてる最中は特に貧血にもならなかったし、白血球、赤血球、血小板など特に異常はなかった(といってももともとHbは低かった)のですが…まさか卵巣機能の乱れからこんな酷い貧血になるとは思ってもみませんでした…。

やっぱり「抗がん剤」というものに対し少し疑問に感じてしまいます…。特に最近、自分のいろいろな経験からそう思います…。最近の体力低下はビックリしています…。
のっぽさんも貧血、その他の副作用でお辛いでしょうけど無理なさらずに…。調子が良いな〜と思っても慎重にお出かけください…。

RainBow | URL | 2008年10月12日(Sun)14:09 [EDIT]


抗がん剤については、僕も考えるところが多いです。
正直、「何なんだろう、これ。」と思います。
その答えが出るのは、30年、40年位先でしょうから(30年、40年という数字に根拠はない)、現時点では個々の患者さんが自分の勘と色々な所で得られる情報を基に判断するしかないのだと思います。

とは言え、せっかくのいい季節なので、時々はお出掛けしたいなと思っています。心配してくれて有難うございます。




のっぽ187 | URL | 2008年10月12日(Sun)16:56 [EDIT]


貧血はなったことがないので分からないのですが
くらっとする感じって、きっとキツイんだろうなぁ
って思います。
抗がん剤の影響って、すごい長く響くんですね。

映画、次の機会に行けるといいですねー♪

Qoonie | URL | 2008年10月14日(Tue)22:34 [EDIT]


::のっぽ187さん::
抗がん剤で救われたところとダメージを受けたところを比べて、どちらが自分にとって良いか、それは人それぞれの価値観や副作用の強さや耐えられる度合いにもよるんだろうけど…やっぱり自分で判断していく他ないですね。同じ治療を受けていても、皆同じ辛さかといえば、それは違いますものね。軽く済んでいる部分もあれば、重く出てしまった部分などもあるだろうし…。その人の辛さはその人にしかわからないんだろうと、この治療をしてみて学びましたよ。

::Qoonieさん::
貧血、軽いものだと結構なれていたのですが、正直ここまで酷くなったのは初めてだったのでちょっとビックリしました(笑)。けど、今は鉄剤のお陰で徐々によくなってます!
抗がん剤はね…体内から抜けるのは、これもまた個人差があるのかなぁ〜。。。薬が抜けるっていうより、きっと壊れた細胞が元の状態にもどるのに時間がかかるのかな…。がん細胞はすごい勢いで増殖するくせに!(笑)どっちにしても抗がん剤はとっても強い薬です。
映画…残念でした…。次回は映画ではなく、クラリネット演奏みたいです。

RainBow | URL | 2008年10月15日(Wed)22:11 [EDIT]


こんにちわ。お題がナイス!ですね〜。
コスモスってお花が咲いていても咲いていなくてもスッとしていて葉っぱのカタチも可愛いですよね〜。画像からでも可憐だけど強い感じが伝わってきます。貧血、早く良くなるといいですね♪

ラビヲ | URL | 2008年10月16日(Thu)11:25 [EDIT]


::ラビヲさん::
コスモスってそんなイメージありますよねー!
でも私が行ったところは台風の被害が大きくて、何気に倒れていたものが多かったです…。珍しいコスモスもあってキレイでした!

RainBow | URL | 2008年10月17日(Fri)23:44 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。