FC2ブログ

**Sunnydays Happytimes**

リンクする際はご一報ください。

検査結果

 前日に提出した便の潜血検査の結果と、貧血検査のため2日連ちゃんでがんセンターへ。今日は車で。今日の関東は雨。
080918.jpg

 これでもし便に血が混じっていたら、大腸内視鏡検査をおこなうことになるわけなので、ちょっとドキドキ…。内視鏡検査はもう過去に5回以上は経験しているけど、がんセンターではまだ一度もおこなっていないので、もしそうなったらちょっと嫌だな…なんて思っていた。前の病院では、いっつも担当医が内視鏡検査をおこなってくださっていたので、変な言い方だけど慣れていた訳で…。あともう一つ嫌な理由として、あの2リットルの下剤を飲まなきゃいけないのがね…。あれがしんどいのです。

 ドキドキして待って、呼ばれて診察室へ。「今の状態はどう?」とまず聞かれたので「生理が終わったころからだいぶ楽になりました」って言ったら「それは良かった」と。で、便の検査は「問題ないですよ!良かったね」ってことでした。あと今日の貧血検査も、ヘモグロビンが先週6.9だったところが、今回は8.1。鉄剤を飲んで10日ほどでここまで戻ればまあまあ良いでしょうとのこと。ただ、やっぱり元々が低いから、ちょっとでも下がると厳しいと思うので、もしまた下がったら鉄剤を出しましょうということになった。

 で、実は今月末にPET/CT検査の予約を入れていたのだけど、やっぱりキャンセルしようと思い、先生に伝えると「うん、そうだよね。どっちにしても今抗がん剤をやらないならば、PETでもし異常が出たら、あなたの気持ちの負担が大きくなっちゃうからね」って。有り難いお言葉だ。このことは前にもおっしゃってくださっていて、その話を昨日の高輪クリニックの先生に話をしたら、すっごく驚いていた。「それは珍しい先生だよ!なかなかそんなこと言ってくれる先生、最近じゃ少ないからね」って…。確かに。有り難いと思った。

 と、いうことで、今日の貧血検査で、恐らく月経過多での貧血じゃないかな~ってことでした。まーだから、その月経過多の原因がなんなのか、が問題なんだけど(笑)、腸管からの出血じゃなくて良かった良かった。

PageTop

手応えあり

 17日の話。

 まず午前中にがんセンター。潜血検査のための便を提出するために。いつもは母の運転する車に乗っかって行くんだけど、久々に電車で行った。電車で行ったら、初めてがんセンターへ行ったときのことを思い出した。去年の7月。ここへ通い始めて1年経ったという訳だ。初めて行った日は絶望感でいっぱいだった。手術すれば取り除けるけど、子宮も取り人工肛門になると言われ、ダメ元で放射線科の方でも話を聞き…。なんて、あの日は1日中がんセンターに居た。…なんてことを思い出したり。

 結局、便の提出だけなので、すぐにがんセンターを出て、二俣川から品川へ。このあと高輪クリニックに予約が入っているため。けど…予約は15時過ぎなのに12時半には着いちゃった!ってことで、まずはお昼ご飯。外食かぁ~と思いつつアトレのレストランに入った。ゆーっくり食べてもまだ時間があるので、品川をウロウロ。あー、買い物とかしてないな~(笑)。ファッション業界は完全に秋!大好きな秋!united arrows green label relaxingで子供服を見ていたら、ずっと探していたパンダのおもちゃを発見!

お風呂でパンダが背泳ぎするよ!スイミングパンダなくなり次第終了
 姪っ子用です(笑)前にもお向かいさんからいただいて持っていたんだけど、壊れちゃったみたいで。でもなかなか売ってなくて…。

 買う段階で「ポイントカードお持ちですか?」って言われて、最近買い物しないから持ち歩いてなかった…。そしたら「登録のお電話番号の下四桁をおっしゃってくだされば大丈夫ですよ」って言われ伝えると「藤沢の方なんですね!」と。おぉ、藤沢知ってるんだーって思っていたら「私もなんです!しかも私も辻堂●海岸で…」と!!聞けば超ご近所!!!!!なんて偶然!お互い鳥肌立っちゃった(笑)。すっごく良い人だと思ったのに、それを知ってからも余計に良い人で(笑)。品川へ行く機会も多いので、また会えたら良いな♪

 良い頃合いになったので、早めではあるけど高輪クリニックへ。高輪クリニックの前では、1ヶ月に一度の「野菜の日」がおこなわれていた。自然農法で採れたお野菜たち。ん~、美味しそう!お隣の喫茶店では15時からかぼちゃプリンとコーヒーのセットが100円らしいのだけど、特別に早めにかぼちゃプリンだけいただいちゃいました。かぼちゃが濃厚でとっても美味しかった。お野菜たちは、帰りに買おうってことで、とりあえず診察&施術。

 本日は、いつもの先生とは違う先生を受診。いろいろな方から「●●先生の診察を受けてみたら?」って言われていたので、やっと受診することが出来た。この先生は浄化療法はもちろんなのだけど、東洋医学の先生のようで驚く様なことがたくさんありました。
 まず…金属製の物はなるべく身につけないでっておっしゃられました。私の時計をみて「あぁー、これは良くないね」って。というのも、私の時計はベルト部分までが金属で。それをつけた状態でツボを押すとめっちゃくちゃ痛いのだけど、外した状態でツボを押すと楽。なんで!?ってビックリした。あと、コンバースオールスターのスニーカーを履いていたのだけど、そのスニーカーの靴ひもの穴に付いた金属。これも良くないと。脱いだ状態でやったらやっぱり楽…。えーーー!?あと、あと、一番問題はウィッグ。ウィッグは金属っていうよりも化学繊維がよくない上に、それを頭全体を覆ってしまっているために浄化出来ない状態だと…。女性だし、若いし、外出時は抵抗あるだろうけど、なるべくは取った状態を増やして、と。ということで、先生が「今、取れる??」とおっしゃるので、まー、ここでなら良いなーと思って取った。そしたら「あ、なんだ!もう普通に生えてるじゃない!このままでいいじゃない?」なんておっしゃってくださった。んー、だって今の髪型、よく言えば“セシルカット”(ジーン・セバーグ大好きですっ!)、悪く言えば“大昔の森昌子”。でもまぁ、施術の際はウィッグを外した状態の方が良い様です。
 とにかく、金属製の物はなるべく身につけない、そして携帯電話をポケットに入れておくのは自殺行為です、と(笑)。もちろん、そういう電磁波などに影響を受けにくい人もいるけど、今の私は弱っている状態でモロに影響されるから、しばらくは気をつけてね、って。パソコンなんてものももっての他ですって!キャー!たまにならもちろん良いですが、ずっとなんてとんでもない!あと…リザーバーも、毒素を排泄できない理由になっているかも、と。でも今後ぜーったいに抗がん剤を受けないっていう可能性もないので、取る訳にも行かず…。なので、ちょっとした工夫でその影響を受けない状態を作ることも出来る、というので教えていただきました。それもちゃんと実験(?)した上で。なんかね、マジックでも見せられているようでした。「えぇ!?なんでなんで!?」って感じで。東洋医学…凄いですね。。。でも先生は「あなたは病気がある方にしては、気が入りやすく良い状態ですよ」とおっしゃってくださいました。良かった。

 あとー、「あなた、根を詰める人じゃない?」って言われ…「あぁ…はい…」って答えたら「それは直してね!」って。例えば走ったとして、目標まで何とか走ろうとがんばっちゃうんじゃなくて、早めに「ここまでがんばったんだから」ってちょっといい加減になることも必要だと…。そりゃそうなんですよね…。いやー自分だといい加減だと思うのですがね。食べ物に関してもストイックになる必要はないということです。あと、玄米食は私には消化の負担が大きいからせめて七分搗きか五分搗きくらいまで。

 あと何言われたっけ…?あ、あとは毎日を絶対に楽しむこと。くよくよしないこと。といっても人間くよくよすることはあると思うけど、とにかく好きなことをやって楽しむこと。だって。…「さっき電磁波を集めやすい金属製のもの、電気製品などは身につけないっておっしゃってましたが…ワタシ、写真が趣味で、カメラとかって影響しちゃいますか??」って聞いたら「あ、それはね、好きなこととか気持ちなどが勝ってる場合は大丈夫な影響しない場合が多いので」と。ホッ!しかもカメラなんて、ずーっと身につけてる訳じゃないし!

 ってことで、今回も高輪では新たな手応えを感じました。あー、凄いなぁー。ちょっと感動してしまった(笑)。診察が終わったのが16時半!それから施術に入ったのだけど、もう患者さんはほとんどいらっしゃらなくて、がらーんとした室内(笑)。今回の療法士さんはどんな方かしら~って思っていたら、いらっしゃったのはOさん!Oさんは私がかなり信頼している方で、でもいつもお忙しそうでなかなかゆっくりお話する機会もなかったので嬉しかったな~。夕方遅かったから手が空いてらっしゃったようです。Oさんに施術していただければ安心◎。

 結局療院を出たのは18時半過ぎ…。外は真っ暗。出口のところで、なんと!いつも施術していただくご近所のTさんとバッタリ!なんてタイミングなんだ。。。凄すぎる。

 なんだか凄い一日だったな~。

PageTop

貧血対策

 がんセンターで処方された鉄剤「フェロミア錠50mg」
080911_02.jpg
 この薬、7~8年前にも処方されたことがある。便が黒くなるんだよねぇー。何気に吐き気とか便秘、下痢などの副作用もある。私はどうだったかなぁー。忘れちゃったよ。これで当分の貧血対策はこれで行くのでしょう。

 そして婦人科で指示された基礎体温の測定。自分でグラフ作るかーって思ったんだけど、「花王ロリエ」のサイトにこんな便利なものがダウンロード出来る。
http://www.kao.co.jp/laurier/original/index.html
 おぉ、ナイス!

 しかし、もっと調べてみたら、体温を入力するだけで勝手にグラフにしてくれる便利なサイトを発見!
https://kisotaion.web-db.ws/
 これはいろいろ便利そうだ、と思ってさっそく登録。
080911_03.jpg
 素晴らしい。これはかなりラクチンだし、いろいろな情報がわかる。好きな期間のグラフをプリントアウトすることだって出来る。いやぁ~便利だね。

PageTop

何食べよ

 マイブーム!“モロヘイヤ”。納豆に混ぜて食べています。
080909.jpg

 しかし、さらにブームが進み、最近は“モロヘイヤ丼”にしています。「モロヘイヤ丼ってなに!?」と友人に指摘を受けましたが(笑)、ただ単にネバネバにしたモロヘイヤをご飯の上にのせて、海苔とすりゴマをかけて…ちょーっとだけお醤油をかける。
080909_02.jpg
 シンプルでこれが美味しい!

 でも、でもだ。“便の潜血検査”のため、生野菜が食べられない。モロヘイヤは茹でてあるので大丈夫だとは思うけど…念のため控えよう…。っていうか、生野菜が食べられないって結構大変…。ただでさえ動物性のものは控えることにしたのに…(動物性とは…乳製品等も含まれるからねぇ…)。写真を撮り忘れちゃったんだけど、今日の夕飯は1人味気なかったなぁ~(笑)。茄子といんげんの煮浸しと冷や奴に納豆…。冷や奴といっても「生」がダメだというのでミョウガも大葉もネギすらかけられず…。納豆も同じ…。なので海苔をかけた。まぁ1週間の辛抱です

PageTop

思いがけないところが

 がんセンターに行ってきました。朝8時過ぎに病院について採血待ち。椅子が満席で、待つ場所がないくらいに混んでいる…。結局採血が終わったのが9時…。なんか採血室のアルコールの臭いですっごく気持ち悪くなった…。
 9時に婦人科の予約が入っていたので急いで婦人科の受付を済ませて待機。待てど暮らせど呼ばれない。というか、私より後から来た人の方が先に呼ばれたりしてて「なぜ?」と思ったので、10時過ぎに「まだですか…?」って聞きに行ったら「まだですね」と即答…。あらま、そうですか、としばし待機。受付事務の人に名前を呼ばれたので、どしたのかな~と思って行ってみたら「すみません、手違いで…腫瘍マーカーの検査が婦人科の方で出しているものだと思って結果が出るのを待っていたのですが、化療科の方で出されていたのですね…。今間もなく呼ばれると思いますので…」と言われ、そのあとすぐ先生からお呼びがかかった。。。時間は11:15。キャーーーー!!2時間15分も待っていたのか!!
 で、呼ばれて入ってみて、メンスが終わっていないこと、2週間以上続くことを告げると、メンス中は子宮体癌の検査は出来ないけど、子宮頸癌の検査は出来るので、それだけは行います、と。えーっ!ちょっとビックリ…嫌だなぁ…。まぁ、女性の先生だからまだいいか…。まー、それは子宮頸部の細胞を採取して、無事終わりました。で、2週間以上続いてしまっているからか、貧血が酷い、酷すぎる!!Hb値が6.9だなんて…。だからか!だから最近立ちくらみがやたらと多いと思った…。しかも疲れやすくてクタクタしていたり…。今までも数値は10~9、酷い時は8くらいではあったんだけど、6.9は最低値かもしれない…。婦人科の先生も「これはちょっと低すぎるね…。元々の大腸がんの方で問題がないのであれば、月経過多だとか、こちらの方で問題があると思われます」と。。。あぁ…これはちょっとなんとも…。もし月経過多などが原因であるなら量を抑えるためにホルモン剤を使わざるを得ないのだけど、ホルモン剤を使って大腸がんの方にどのような影響があるか、またそこまでして抑えるべきなのか、化療科の主治医に相談してみてください、とのことでした。なんだよ、面倒だなぁ…。
 とりあえず基礎体温をつけて、ちゃんとしたグラフになるか見て欲しいと。排卵があっての出血なのか、それとも別なのかをきちんと見ましょう、と。そのあと血液検査でホルモンバランスをみましょう、ということになった。うひゃー!

 とりあえず婦人科をあとにし、化療科へ。その時点で11時半過ぎ…。気持ち悪さがピーク…何故か今にも吐きそう…。主治医に呼ばれたのは12時過ぎ。婦人科で言われたことをそのまま伝えると、「そう、ちょっとこの数値は低すぎるね…。これじゃ普通の生活にも支障が出ちゃうと思うので、今日は鉄剤を処方させてもらいますね」と。あぁ…鉄剤出されちゃったよ…。で、問題の腫瘍マーカー。めちゃくちゃ高い!これは覚悟の上だったけど、これまた今までの中で一番高い!むむむ…。とりあえず、貧血の検査もすることになった。あと、便の潜血検査。それでもし便に血液が混じっているならば大腸内視鏡だってさ…。とりあえずこの貧血の原因を調べる必要はあるとのこと。
 で、だ。腫瘍マーカーがこれだけ上がってますが、どうしますか?という話。抗がん剤+アバスチンをやるのが望ましいとは思う、と先生。でもやっぱり強制的な話し方はしない。TS1などの飲み薬とアバスチンの併用は認可されておらず、5-FU+ロイコボリンなどの点滴との併用のみ許可されているって話で、オキサリプラチンの痺れば酷いのであれば、FOLFOXやFOLFIRIという治療法をとらず、5-FU+ロイコボリン+アバスチンということも可能。どうやらアバスチンを使うことが望ましいということらしい。ただ、副作用はアバスチンの方は我慢出来る程度だと思うけど、5-FUなどの吐き気などは以前と変わらず起こるからどうかな、と主治医は言う。ちょっとこの腫瘍マーカーの値をみて、「これって受ける方が良いのか…」とちょっと考えるがすぐに答えがでなかった。「シビレはホントにキツかったので、もうオキサリプラチンを受ける気にはならない。かと言って吐き気、嘔吐を我慢出来るかって言うとそれもちょっと…」と言うと「そりゃそうです。とても辛いことですから…なかなかその気になれないと思います」と、ちょっと優しげな言葉が返って来た。とりあえず来週の木曜日に貧血検査などがあるので診察の予約を入れたので「それまでに覚悟を決めてきます」って答えたら「覚悟を決めるでも良いですし、生活環境を優先させるでも良いと思います」と、意外な答え。一瞬化学療法を再開することをチラッと考えた。が…、今日病院にいるだけでこんなに吐き気があり、吐き気どころがちょっと胃液が出て来てしまって、この精神状態で治療をするのはとてもじゃないけど無理だと思った。それに、治療をしてよくなっても、やめたら元に戻ることもなんとなくわかったので、これをいくら続けて行ってもやっぱり延命治療なんだなーと感じた。辛い思いをして長生きする?それとも楽しい時間を持って短命で行く?いや、きっとそんな簡単なことではないかもしれないけど、楽しい時間をもっても最期を迎える時はすっごくキツい状態になるんだろうとは思うけど、やっぱり抗がん剤を受ける気持ちにはどうしてもなれない…。

 んー。最近こんなことの繰り返しだなぁ…。まぁ、そりゃ揺らぐよね、命かかってるんだから。でも、自分ではもっと早い段階で怖くなって治療を再開するかと思っていたが、割と意志が固いんだなーなんて思った(笑)。いや、ただ単に逃げているだけなのか…?でもどうやら吐き気にしても色素沈着にしても脱毛にしても、副作用が強く出てしまう様で、吐き気・嘔吐に関しては3年前5-FU+ロイコボリンの経験と前回のFOLFOX、FOLFIRIの経験から「予期性嘔吐」が出てしまうのだ…。ただ診察を受けに行くだけでも、病院に行く車の中でなんとなーく気分が悪くなり、病院の独特の臭いでウッと吐き気が起こる…。こんな状態では現実的に抗がん剤を受けるのは無理だと思う。耐えられないと思う…。

 あ、あと一応PET検査も受けてみることにした。主治医から受けろとは言われてないけど、受けてみますと言いました。以前受けたところと同じ場所に結果が得られるか、見てみたくて。でも先生は、CTやPETでわかるのにはある程度の塊になっていないと見られないので、もしかしたらちゃんとはわからないかも、と。まぁ、それでも良い。一応受けてみたくなったのだ。
 便の潜血検査って初めて受けるんだけど、意外に大変。食事制限があるんだねぇ…。便を採取する3日前から食べてはいけないものとして「生の肉類並びに魚肉中の血液が混入している食品」「生野菜(特に芋類、わざび、かぶ、ほうれん草など)」だって…。なんかうっかり食べてしまったら大変だなぁ…生野菜食べるなって言われても…。1日ならともかく、便をとる3日前からでしょ?しかも便をとるのは2日間…。考えて食べねばね。

 腫瘍マーカーばかり気にしていたけど、まさか貧血がここまで進んでいるとは…。意外なところでひっかかりビックリした。一難さってまた一難。病院とは一生つき合わねばならないのかぁ…。

PageTop